面接から採用までのスピード感が桁違い!

Topics

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化…

READ MORE

面接から採用までのスピード感が桁違い!

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把…

READ MORE

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把握可能!

採用管理を行う担当者にとって、業務負荷を感じやすいのが応募者が殺到し、大規模な採用業務となる場合です。特に複数のエントリーサイトや自社の採用専用ホームページ、そして合同の企業説明会を利用しているとエントリー情報の集計と情報登録だけで、膨大な業務時間を費やすことになってしまいます。

しかし、採用管理システム導入によりエントリー情報を一つのシステムに集約することができ、採用管理に費やす業務時間の軽減が期待出来ます。また、どのインターネット媒体もしくは企業説明会がエントリー数が多く、効果的な方法なのか傾向分析することも可能です。例えば、エントリー数を把握しておらず、エントリー数が少ない募集サイトがあることに気付かず、長期間もしくは毎年採用管理を行うことは業務時間の無駄、サイト維持費用の無駄というデメリットが生じます。

ですが、現在数多く提供されている採用管理システムは、複数のサイトに同時に登録することができ、エントリー経路をリアルタイムで把握することが可能です。また、費用対効果レポート機能が備わったシステムもあり、求人媒体の費用対効果も表示することができ、採用管理に於けるトータル的なコスト削減も期待出来ます。

部門間の採用業務のやり取りもシステム導入で大幅解決!

現在、採用業務を行うのは人事部門だけには留まりません。各部門に於ける必要な人材ニーズを採用業務に反映させるため、選考業務の一部を部門に移管するケースがあります。この際、人事担当部門は採用管理という業務が発生するものの、部門に移管された選考状況の確認が行い難くなるというリスクが生じてしまいます。関係部門の管理者が業務多忙により選考が停滞するケースがあるものの、採用管理システムを導入することで選考状況を一目で把握することが可能になります。

そして、選考が停滞気味である部門に対して選考業務実行のプッシュも容易になります。例えば、人事担当がプッシュし難い管理者であっても、選考業務の停滞が周囲から見えることから業務停滞の予防効果が期待出来ます。さらにこれらの情報はリアルタイムに共有化することができ、人事部門からの選考依頼が行われるまで待つという時間的な無駄も無くなり、必要な人材をスピーディーに確保出来るといったメリットも生じます。

そして、これまで人事部門に社員採用を任せきりになっていて、採用した結果ミスマッチングが生じて困るといった部門間の弊害も大幅に解消出来るというメリットもあります。特に期中の中途採用は、必要な人材が不足して生じる採用管理業務であり、システム導入により採用状況が一目で分かることは人材不足の早期解決に役立ちます。

Trend Information

採用管理にもスピードが求められる時代

採用管理システム導入で面接日程をスムーズに進行 求人を募集することが決まってから実際に新入社員が働き始めるまでの期間は、短いほうが良いです。働き始めるまでの期間が短…

READ MORE

面接から採用までのスピード感が桁違い!

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把握可能! 採用管理を行う担当者にとって、業務負荷を感じやすいのが応募者が殺到し、大規模な採用業務となる場合です。特に…

READ MORE

必要な人材の見極めを効率化

大規模な採用募集でも必要な人材をピックアップ可能! 毎年大規模な採用募集を行う企業にとって、エントリー情報から自社に必要な人材を見つけ出すのは非常に手間が掛かります…

READ MORE

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化! 現在、求職者に対する有効求人倍率は高い数値で推移しており、求人募集したとしても必ず社員を確保出来る時代では無くな…

READ MORE

Copyright(C)2018 採用する側される側共にうれしい迅速かつ効率的な採用管理システム All Rights Reserved.