マンパワーの効率的な供給のために

Topics

採用管理にもスピードが求められる時代

採用管理システム導入で面接日程をスムーズに進行 …

READ MORE

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化…

READ MORE

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化!

現在、求職者に対する有効求人倍率は高い数値で推移しており、求人募集したとしても必ず社員を確保出来る時代では無くなりました。その結果、採用数を増やすため、複数の求人サイトで募集するなどの方法が行われるものの、採用管理業務の効率が悪化するケースがあります。

個々のサイトからのエントリー情報を人事担当が書類を確認し入力するのは、労務時間の増加に直結するだけでなく、登録管理漏れというリスクがあります。そこで、確実かつ漏れを防止するため採用管理に特化したシステム導入はメリットがあります。

現在提供される採用管理システムは、求人情報を登録することで複数のサイトに同時掲載されると同時にそれぞれのサイトからの申し込みが一元管理する機能が備わっています。そして、どのサイトからの申し込みの割合が高いのかを把握することができ、採用管理業務の効率化だけでなく、募集情報の見直しにより採用希望者アップといったことに繋げることも可能になっています。

先ずは、紙媒体での採用管理や自前の管理シートを利用している会社は、システム導入により採用業務の効率化を図り、空いた時間は新たな採用募集に注力して他社に差をつけることが出来るようにするのが現在は重要です。

採用業務におけるスケジュール調整が容易に!

人事担当にとって悩ましいのは、社員採用試験や面接のスケジュール調整です。エントリーから採用試験、一次面接や最終面接など人事担当以外も関わることから各関係者のスケジュールを確認してお伺いを立てるのはどうしても手間が掛かり、採用管理業務の効率悪化に繋がってしまいます。

ですが、現在注目を集めているのが採用管理に特化したシステムの導入です。エントリー情報の一元管理だけでなく、関係者のスケジュール調整機能も備わっており、それぞれの関係者に個別で確認するという手間を省くことが出来ます。また、社内のスケジュール調整だけでなく、応募者に対しても面接日時の案内もシステム導入により、スムーズに行うことができ、面接スケジュールの組み立ても行い易くなります。

採用管理担当者は、社内および応募者への連絡だけで1日の業務時間が終わってしまうといった問題もシステム導入によって解決することができます。また、社内で運用されているカレンダー機能つきのスケジュール表にも自動連携させることも可能になっているシステムもあり、スケジュールがブッキングしてしまい採用面接の日時を変更するといった無駄が生じるリスクも軽減することが可能です。

Trend Information

採用管理にもスピードが求められる時代

採用管理システム導入で面接日程をスムーズに進行 求人を募集することが決まってから実際に新入社員が働き始めるまでの期間は、短いほうが良いです。働き始めるまでの期間が短…

READ MORE

面接から採用までのスピード感が桁違い!

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把握可能! 採用管理を行う担当者にとって、業務負荷を感じやすいのが応募者が殺到し、大規模な採用業務となる場合です。特に…

READ MORE

必要な人材の見極めを効率化

大規模な採用募集でも必要な人材をピックアップ可能! 毎年大規模な採用募集を行う企業にとって、エントリー情報から自社に必要な人材を見つけ出すのは非常に手間が掛かります…

READ MORE

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化! 現在、求職者に対する有効求人倍率は高い数値で推移しており、求人募集したとしても必ず社員を確保出来る時代では無くな…

READ MORE

Copyright(C)2018 採用する側される側共にうれしい迅速かつ効率的な採用管理システム All Rights Reserved.