必要な人材の見極めを効率化

Topics

面接から採用までのスピード感が桁違い!

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把…

READ MORE

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化…

READ MORE

大規模な採用募集でも必要な人材をピックアップ可能!

毎年大規模な採用募集を行う企業にとって、エントリー情報から自社に必要な人材を見つけ出すのは非常に手間が掛かります。専用のエントリーシートの情報を取り纏めるというのは、採用管理業務において業務負荷の増大になるだけでなく、ミスマッチングが生じる可能性もあります。

ですが、採用管理システム導入によりエントリー情報がシステム上に自動で取り纏められ、自社が必要とする人材を条件検索でピックアップすることが可能です。例えば、事務系社員の募集だとしても、経営、経理、営業、法務といった分類があり、システムから条件検索で絞り込みが可能です。同様に技術系社員も専門分野を一括取り纏めすることも出来ます。

また、これらのエントリー情報は採用希望者が自らシステムに登録するものであれば、人事担当者はエントリー情報を登録するという作業から解放され、採用管理に専念することが可能になります。特に大規模募集ともなると採用までの期間が長くなるほど、優秀な人材が他社に流れるケースもあるため、人材をピックアップし優先して採用業務を行うことで社員確保の確実性を向上することも可能になります。さらにシステム導入により、採用管理担当者を増員する必要も無くなり、必要最小限の人数で大規模募集に対応することも可能になります。

募集から採用までのプロセスもシステム導入で見える化!

採用管理を行う上で、募集から面接、選定そして内定までのプロセス数は非常に多くなっています。しかし、これらの採用業務は人事担当者の個々の業務となり、採用状況がどのプロセスにあるのか人事部門での共有化が必要です。ですが、資料を作成しミーティングで上司に都度報告を行うのは、担当者の負荷増加だけでなく、採用プロセスの長期化に直結し応募者が先に内定を出された企業に流れるといった問題があります。

しかし、採用管理システム導入により、採用プロセスが『見える化』され、簡単に人事部門内で情報の共有化が図れます。その結果、上司への報告も円滑化されるだけでなく、報告業務からも解放されます。例えば、上司がシステムにアクセスして状況を確認するだけで済むということです。

また、採用プロセスの停滞がどの段階で発生し易いかが確認出来ることから、部門管理者は採用業務のマネジメントを行い易くなるといったメリットが生じます。例えば、書類選考の段階で停滞し易いと確認されれば、そのプロセスに人員を投入し停滞の改善が可能です。その結果、採用管理業務を行う担当者の業務負荷の改善、余裕のある担当への負荷分散といったことが可能になり、採用業務の業務負荷低減のため人材採用するといった本末転倒な事態が避けられます。

Trend Information

採用管理にもスピードが求められる時代

採用管理システム導入で面接日程をスムーズに進行 求人を募集することが決まってから実際に新入社員が働き始めるまでの期間は、短いほうが良いです。働き始めるまでの期間が短…

READ MORE

面接から採用までのスピード感が桁違い!

システム導入で応募者の集計や費用対効果も簡単に把握可能! 採用管理を行う担当者にとって、業務負荷を感じやすいのが応募者が殺到し、大規模な採用業務となる場合です。特に…

READ MORE

必要な人材の見極めを効率化

大規模な採用募集でも必要な人材をピックアップ可能! 毎年大規模な採用募集を行う企業にとって、エントリー情報から自社に必要な人材を見つけ出すのは非常に手間が掛かります…

READ MORE

マンパワーの効率的な供給のために

複数の求人サイトの情報管理はシステム導入で効率化! 現在、求職者に対する有効求人倍率は高い数値で推移しており、求人募集したとしても必ず社員を確保出来る時代では無くな…

READ MORE

Copyright(C)2018 採用する側される側共にうれしい迅速かつ効率的な採用管理システム All Rights Reserved.